Top East League Div.1 Week 06 /

青さめ 12‐19 栗田工業

トップチャレンジリーグ昇格を争うカードのはずだが、意外と中身が薄かった。台風+秋雨前線の雨が降り続き、さらにときおり沛然となる中では、準備してきたオプションも用いる能わずか。

さめ#15高忠伸君は自らの足で全員をオンサイドにする最後のFBかな。自ら上げたハイパントを愚直に負う選手は絶滅危惧種である。…これはレフェリー(とアシスタントレフェリー)がキッキングオフサイドを死文化させたことに第一の責任がある。

試合は栗田#8パーカー君が決した。さめの敗因はパーカー君がいなかったこと……としか表現できないな。

試合結果と順位

Top East League Div.1 Week 06
/
順位球団勝ち点勝ち数得失点差トライ数変動
1栗田工業245+25747
2東京ガス245+23145
3武蔵野194+13629
4やらせ原発194+11933
5秋田163+10136
6レヴィンズ153+5423
7ラガッツ51-5215
8クリーンファイターズ00-2678
9ビッグブルー00-2854
10ホーリーズ00-29411

レヴィンズ 50‐3 クリーンファイターズ

ホーリーズ 7‐29 ラガッツ

Bye Week: 東京ガス、武蔵野、秋田、ビッグブルー。

例によりDiv.2との入替戦回避の皮算用グラフである。現在8位以下が勝ち点0であるので、勝ち点21を獲得すれば入替戦を確実に回避できる。栗田工業・東京ガスは下部との入替戦を回避できた。■は現在の勝ち点、□は8位以下同士の対戦、○は3~7位と8位以下の対戦、◇は3~7位同士の対戦、☆は入替戦回避球団との対戦である。

  勝ち点        5    10    15    20    25    30    35    40
  武蔵野   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○○○○○◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇☆☆☆☆☆
  青さめ   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○○○○○◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇☆☆☆☆☆
  秋田   ■■■■■■■■■■■■■■■■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 レヴィンズ  ■■■■■■■■■■■■■■■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆○○○○○○○○○○
 ラガッツ  ■■■■■○○○○○○○○○○◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ファイターズ ○○○○○○○○○○□□□□□□□□□□
ビッグブルー ○○○○○□□□□□○○○○○□□□□□
 ホーリーズ  ○○○○○□□□□□□□□□□○○○○○

条件分岐が多すぎて見通しが悪いが、☆→◇→○→□と勝ち点が獲得しやすくなるだろうという見込みに基づいたグラフである。残り試合各4試合なので勝ち点21を安全圏とした。