Top League Week 09 /

犬不忠 34‐20 宗像

犬不忠がBKで鮮やかなトライを獲ると、宗像はFWが密集を押し込んでトライを返す。相手の得手でトライを獲り合ったことで、両チームとも必要以上に慎重になった感がある。心理戦の弊害と言うか、疑心暗鬼を生ずると言うか……

前半は宗像がリードして終わるが、前半最後の犬不忠#14宇薄君のトライに関係するTMOはなんだありゃ。犬不忠#8リーチ君のクイックスローインから#13カフイ君が宗像#7下山君・#13王君を飛び越えようとし、空中で下山君のタックルを受け、同時にカフイ君足の甲が王君の顔面に当たったが……カフイ君の危険なプレイでいいだろ。

後半、犬不忠が逆転すると宗像のプレイが雑になる。TMOでカフイ君のジャンプが問題なしとされたことで気落ちしたかもしれない。犬不忠はそれにつけ込んで点差を広げるが、このあたりが宗像が上位定着を果たせぬ要因だよなあ。後半30分過ぎから反撃を試みるものの、実を結ばず。ラスト10分近くを猛攻できるだけの集中力を持ちながら、注力すべきポイントを間違ったなあ。

2ポゼッションのビハインドは1トライ1ゴールで確実に勝ち点1が手に入る状況でもある。宗像の爆発力をもってすればあきらめてよい点差ではない。

気になった点: リーチ君の空回りっぷりがすごい。姿勢も高いし、意図的にオフサイドのままでいたりするなど、プレイに品格がなくなった。ナショナルチームへの選出を見送る等、何らかの反省を促す必要を感じる。

アークス 76‐7 スパークス

正直なところ、スパークスは何を目標にシーズンを過ごしているのかわからない。#8豊田まさか…君個人の目標はジャージを汚さないだということは理解できるのだが。

アークスは台所事情か#9光井君、#10友井川君、#14鶴田君、#21湯本君とSHだらけである。NFLの球団がRBやWR、SBにQB経験者を配しているような感じだなあ。注目は友井川君のSOingであるが……そりゃSOじゃなくてランナーの立ち位置だぞ。1990年代前半のJPNみたいにSO与作選手はパサーに徹し、司令塔は第一CTBの平毛選手というパターンかなと予想していたのだが、背番号だのポジションだのに影響されることなく友井川君は友井川君なのだな。

うん、らしくないことをするよりはるかによい。好プレイはどんなスタイルでも関係ないが、エラーをするなら自分らしいエラーをすべきである。まあ、相手が相手だけにエラーらしいエラーはなかなかなかったがね。

これだけ試合が一方的になると、しかも敗けている方が何をしたいのか自分でもよくわからない様子であればなおさら、圧勝しつつあるアークスを見る目が厳しくなる。格下相手でも手を抜かないのは勝負の鉄則であるが、格下が相手のときだけ強いというのはどうも尊敬しかねる。負のリスペクトと言ってもよい。#12石橋君とか、#15小倉君とか、#20栗原君とかだな。オフサイドのままプレイを続行するのを見逃してもらっているなら、無双ぶりを発揮する試合があってもいいのではないか>石橋君・栗原君。

オフサイドを見逃してくれれば確実に無双ぶりを発揮するLOというと、アヌス、真壁君が第一に想起される。栗原君との差はそこにある。

後半41分、正面わずか右28 mのDGを友井川君が決める。キャリア初DGかな。数年後この試合を思い出すとしたら、友井川君のDGゆえだな。その他の事象は記憶するほどのものじゃない。

試合結果と順位

Top League Week 09
/
順位球団勝ち点勝ち数得失点差トライ数変動
W1/01旧エネループ449+28653
R1/02サンゴリアヌス388+20551
W2/03発情期357+15643
W3/04ブラックケムズ296+6525
R2/05顔ベルコ296+6235
R3/06ト与太286+3429
R4/07犬不忠245-128
R5/08シャイニングアークス235+4125
W3/09NEしお215-1126
R6/10赤しけ174-8325
R7/11スピアーズ143-9731
R8/12ライナーズ133-8515
W5/13御手洗133-14822
W6/14シャトルズ71-6523
W7/15宗像61-10721
W8/16赤スパークス20-25222

旧エネループ 21‐10 アヌス

スピアーズ 5‐35 発情期

ライナーズ 10‐17 NEしお

シャトルズ 24‐33 ト与太

赤しけ 26‐14 御手洗

顔ベルコ 10‐15 ケムズ

訂正(): 順位表のグループ分けに誤りがあり、訂正しました。

御手洗はどうしたんだろうね。ヒステリー永友氏再登板というショックから立ち直ったに見えたのだが……あんなやつスルーしとけ。

紅組・白組それぞれの入替戦回避皮算用をグラフにしてみた。■は第09節終了時の勝ち点である。□は入替戦未回避球団(同組)、○は入替戦未回避球団(交流戦)、◇は入替戦回避球団との対戦である。

紅組勝ち点     15    20    25    30    35    40    45    50
 顔ベルコ  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□◇◇◇◇◇□□□□□
 ト与太  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■○○○○○□□□□□□□□□□□□□□□
 犬不忠  ■■■■■■■■■■■■■■◇◇◇◇◇□□□□□□□□□□◇◇◇◇◇
 アークス  ■■■■■■■■■■■■■□□□□□○○○○○□□□□□□□□□□
 赤しけ  ■■■■■■■◇◇◇◇◇□□□□□○○○○○○○○○○
スピアーズ ■■■■○○○○○□□□□□○○○○○□□□□□
ライナーズ ■■■◇◇◇◇◇□□□□□□□□□□○○○○○

紅組7位のスピアーズは勝ち点14であるので、勝ち点35以上を獲得すれば入替戦を回避できる。しかし紅組1位のアヌス以外の達成球団はない。すなわち、紅組2位の顔ベルコ(勝ち点29)でさえ自動降格があり得る。

経営的に揺れている東芝と神戸製鋼が犬不忠・顔ベルコの成績に直結しているのだろうか。「

白組勝ち点      5    10    15    20    25    30    35    40    45
 NEしお  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇□□□□□○○○○○
 御手洗  ■■■■■■■■■■■■■□□□□□○○○○○□□□□□◇◇◇◇◇
シャトルズ ■■■■■■■□□□□□◇◇◇◇◇○○○○○□□□□□
  宗像   ■■■■■■○○○○○◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇□□□□□
スパークス ■■○○○○○◇◇◇◇◇○○○○○○○○○○

白組7位の宗像は勝ち点6であるので、勝ち点27以上を獲得すれば入替戦を回避できる。旧エネループ・発情期・ケムズは入替戦回避を達成した。

こちらはある程度順当な結果なんだろうか。御手洗は内紛があったから今季は仕方ないか。