Top League 2016 Week 13 (2016-12-24/25)

御手洗 27‐15 スピアーズ (2016-12-24)

スピアーズ#10森脇君はトップリーグはおろかイーストまで含めて最もしょっぱいSOではなかろうか。いやお大学でも、アサシンズはもとより、トライトンズ、アール・ケー・ユーでもレギュラーを張るのは難しい。エクスキャリバーズでさえ助っ人はご無用にと断られそうだ。

正面のPGを外し、そのため左中間で得たPKも蹴り出さざるを得ず、かと思うと左スミGを決めてみせるという編制担当者泣かせのプレイをするのが森脇君である。ダメならダメでいいのに、ときおり美技を披露するのがしょっぱさ長持ちの秘訣か。

いやいや、可もなく不可もなしのつまらない選手よりは数段勝ち組なんだよな、個人的には。Σ(ノ≧ڡ≦)

犬不忠 32‐31 ト与太 (2016-12-24)

好ゲームのはずがひどく後味の悪い試合になった。

平林氏がTMOを六回要請したため、試合開始14:00、試合終了15;56という長丁場である。しかも前半の3回は流れの中で見落としや見逃しがあってもかまわないレベルの再チェックという不要不急のものであった。その反面、見落としたり見逃したりしてはならない反則の見落とし・見逃しが多い。こいつ要らなくね?

昨季あたりまでなら犬不忠が2ポゼッション差で退けるのが相場だったろうが、それが接戦となったのは、まずト与太のカイゼンによる。

いや、たまげたよ。あのト与太FW、走れないうすのろだった#4谷口君、走らないサボり野郎だった#5北川俊澄君が第三列並みに走り回っているんだぜ。言っちゃあ悪いが勇飛丸君@発情期の倍は走っているよ。どこからエンジンの供給を受けたのかねぇ。ヤマハじゃないことは確かだ。

そして犬不忠も、数年来の課題であったバックスリーの走力不足もなんとか解決の兆しが見えてきた。

本来なら手に汗握るゲーム展開になるはずなのだが、そうならないのはひとえに平林氏が無思慮なTMO要請でぶつ切りにしたことによる。なぜそんな些細なことでTMO要請をするのか。それならこのプレイについてもTMO要請しろ、と憤懣がつのるのは当然であろう。とりわけ過去にさんざん煮え湯を飲まされてきた犬不忠サポーターは。

死ね! この野郎

おおむね賛成だが、死なすほどのこともないだろ。植物人間ぐらいで勘弁してやれ。

さて、試合は後半膠着する。得点に至らぬ、地域獲得での一進一退が続く。ト与太は後半8分の北川君のトライ+樺島君のゴールで26‐31と逆転したのが最後の得点となった。

6点差を追う犬不忠は何をすべきか。トライを狙いながらもトライにこだわらぬことが肝要である。トライの5点だけでは逆転できぬのであるから、事実上の2ポゼッションとみなし、可及的すみやかにPGで点差を詰めるべきであろう。…#9小川君はわかっちゃいないね。

犬不忠の得点は後半21分、そしてあの後半41分、それぞれPGであった。敵陣に入ればいつでもPKがもらえるはずなのに、さすが平林氏、ト与太#6杉本君のアヌス技オフサイドを黙殺し続ける。いやあ犬不忠相手にアヌス技はないだろ。だから前述のヤジが飛ぶんだぜ。

そして後半39分ごろ、密集右を駆け上がる犬不忠#2湯原君が派手に転倒する。転んでる場合か! そのままプレイが進み、プレイが切れる。アシスタントレフェリーからの報告で不承不承TMOを要請する平林氏、ビジョンに映し出されたのは……

以上である。平林氏は安藤君のハッキングを認めたが、安藤君が湯原君を転倒させた直接の映像はなく、安藤君と湯原君の距離も定かではない。湯原君のアントラーズ技である可能性を排除できないのだ。TMO相田氏が状況からハッキングと判断したかもしれないが、平林氏こそ試合中における唯一の事実の判定者である事実は変わらない。

平林氏にハッキングを指摘された安藤君は必死に否定する。…うーん、これが演技ならアカデミー賞ものだぜ。接触していないか、少なくとも故意ではないかもしれん。複数のカメラがそれぞれの角度から移した映像が残っているのだから、それらを解析して3次元画像に再構成できないものかな。いやいや、テニスではインチキくさいCGを合成してチェアアンパイアの権威護持の錦の御旗にしているから、きっとラグビーでもマッチオフィシャルマンセー!なインチキCGが捏造されるだろうなあ。

平林氏が杉本君のアヌス技を摘発していればすっきりした決着がついたはずだが、冤罪で帳尻を合わせた疑惑はぬぐえず。平林氏に問う、アヌス技はそこまで庇護しなければならないものなのか!

試合結果と順位

Top League 2016 Week 13
(2016-12-24/15)
順位球団勝ち点勝ち数得失点差トライ数変動
1サンゴリアヌス6013+31967
2発情期5712*33974
3旧エネループ5211+28871
4顔ベルコ4710+16463
5シャイニングアークス368+4539
6ト与太357+6244
7犬不忠326+1946
8ブラックケムズ306-2442
9御手洗296+3036
10宗像256-17034
11NEしお255-8237
12スピアーズ245-11330
13シャトルズ153-22435
14レッドスパークス122-22726
15ライナーズ111-15127
16ヒート61-27528

シャトルズ 14‐41 ケムズ(2016-12-24)

ヒート 3‐40 アークス(2016-12-24)

発情期 24‐41 アヌス(2016-12-24)

スパークス 3‐27 NEしお(2016-12-24)

宗像 14‐55 旧エネループ(2016-12-24)

ライナーズ 8‐38 顔ベルコ(2016-12-25)

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2017-03-28