JPN 20‐54 ARG (2016-11-05)

#4梶川君が選ばれている時点ですでに失望。犬不忠で結果を出していないレベルの選手がナショナルチームに選出されるのは薫田マジックというやつか。

それでも今季好調の発情期勢はそれなりに活躍するのかなと思っていたら、ことごとく使えなかった。誰だ、こんなのを招集したのは。勇飛丸君などに至っては、シンビンにでもなっている方がチームに貢献できるのではないか。

発情期の好調は、他の強豪球団が選手をスーパーラグビーに供出してチームの戦術理解が浸透しきれていないままシーズンに入ったため……こうした臆測を払拭できないのが発情期の現状と思われる。真相かもしれない。

文献

残念ながら、JRFUサイトに公式記録がありません。意図的な不掲載なのか、何らかの手違いによるものなのかも判断はおろか推測できません。2019年にRWCが行なわれる国のナショナルユニオンとは思えませんね。

2017-03-25に日本協会に出向いて担当者より説明を受けました。サイト設計に小生が対応できなかっただけでした。関係者各位にお詫び申し上げます。

しかし、トップページからどうすれば最短で移動できるのかは次回も悩むと思われます。今回はトップページ(https://www.rugby-japan.jp/)→「大会概要」をクリック→試合スケジュール(https://www.rugby-japan.jp/schedule/)→「選択してください」のドロップダウンリストで「日本代表」を選択→日本代表(https://www.rugby-japan.jp/schedule/japan/)→試合結果「選択してください」のドロップダウンリストで「2016年」を選択→日本代表(https://www.rugby-japan.jp/schedule/japan/2016/)にたどり着きました。情弱ぶりが恥ずかしいです。

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2017-03-22 訂正・追記:2017-03-27