Top League 2016 Week 03 (2016-09-09/10)

シャイニングアークス 33‐15 NEしお (2016-09-09)

犬不忠の小川君が亡国の昏主なら、アークス#9友井川君は小国の賢主といったところか。32歳にしてSHに復帰し、ゲームを自在に操る。ポスト田中史朗君の座を流君(アヌス)と激しく争うNEしお#9茂野君もたじたじだな。

NEしおはひさびさの新戦力#5山田君をあっさり#19権 丈太郎君に代えたことでモメンタムを失う。FW後ろ五人がそろって無能ともなれば致し方あるまい。入替理由は知らぬが、ダメ采配だった。

スピアーズ 24‐22 シャトルズ (2016-09-10)

スピアーズ#10森脇君の先制DG失敗(前半8分、正面右29 m)に始まり、同#22フーシェ君の逆転DG成功(後半36分、正面24 m)で終わる。8点差を追うラスト7分で#13立川理道君のトライから始まる逆転シークェンスは必然の感すらある。

シャトルズはこの悔しさを糧にしてほしい。

いや、#15合谷君やフーシェ君を擁してこんな試合展開ではダメだろう>スピアーズ。

サンゴリアヌス 23‐17 ブラックケムズ (2016-09-10)

サンゴリアヌスが勝つにはレフェリーの支援が必須なのだという事実が再確認できた試合でした。

第一試合の余韻がぶち壊しだよ。

試合結果と順位

Top League 2016 Week 03(2016-09-09/10)
順位球団勝ち点勝ち数得失点差トライ数変動
1発情期143+5513
2ト与太143+4014
3アヌス133+5710
4犬不忠133+229
5旧エネループ102+3310
6顔ベルコ92+279
7アークス92+239
8宗像82-1910
9御手洗51-45
10ライナーズ51-67
11スピアーズ51-166
12ケムズ51-165
13シャトルズ20-2610
14NEしお10-386
15ヒート10-637
16スパークス10-656

犬不忠 21‐19 御手洗(2016-09-10)

ライナーズ 20‐32 旧エネループ(2016-09-10)

ヒート 30‐32 ト与太(2016-09-10)

宗像 10‐43 発情期(2016-09-10)

スパークス 7‐48 顔ベルコ(2016-09-10)

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2017-03-03