Huskies 5‐35 Rebels (2016-03-19)

雑感

小生は観戦しない試合については言及しないことにしてる。したがって、試合内容については触れない。

しかし、試合以外の面については語ってもよかろう。

其の壹: 謎のCTB

その男、ハルミチ・タムラ
その男、ハルミチ・タムラ

ハスキーズのサイト(https://super-japanrugby.com/fixtures-and-results/1-3/)で編制を調べたら、Harumichi TAMURAなる選手が第二CTBのスターターであった。聞いたことがない選手である。聞いたことがないのは明らかに小生の勉強不足であり、赤面する他ない。ハスキーズに参加するクラスであるからには、それなりのレベルの選手(恥を垣永君とか、日和見君とかの例外はあるとしても)なのであろう。だが困ったことに情報がまるでない。どのような経歴で、いつハスキーズに加わったのかのもわからない。よくあることなのかな。

其の貮: トートロジー

例によってスタッツおたくである。この愚か者はハスキーズ26、レベルズ10というタックル失敗数(相変わらず定義がよくわからない)を挙げて、ハスキーズはタックルミスが多いと断じやがった。レベルズの260%なのだから多いのは自明だろうが。何が原因だとか、どのような局面で頻発しているとか、そうしたことを指摘して初めて仕事になるのだがなあ。

こんなわけのわからんコメントをするスタッツおたくもスタッツおたくだが、報道するマスゴミもマスゴミだよなあ。

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2016-08-20