Top League 2015 Pr-Season League Final (2015-10-10/11)

アークス 48‐24 御手洗 (2015-10-10)

これも今季の明確なパターンである、見逃しトライで勝負が決まるというパターン。フライフォワードではあり得ないスローフォワードを見逃してトライを認めたことが、まさに試合の分水嶺でした。

敗けた御手洗にとってはレフェリーがジミーだったということが不運とカウントされるはずですが、勝ったアークスにとってもレフェリーがジミーだったことが勝因だったとはだれも考えていないはず。これは小生の想像というか妄想でしょうが、双方ともにレフェリーがジミーでさえなければなあと考えているのでは?

顔ベルコ 27‐24 アヌス (2015-10-11)

あれだけレフェリーの加護があって惜敗か>アヌス。顔ベルコはシンビン2回、アヌスのプロフェッショナルファウルはお咎めなし。デコイがDFをホールドしてオブストラクションに問われないその理由を知りたいのだが。

ともあれアヌスのサヨナラ負けに快哉を叫んでおく。

試合結果と順位

スピアーズ 17‐21 シャトルズ(2015-10-10)

アークス 26‐17 ケムズ(2015-10-10)

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2015-11-10