Top League 2012 Week 06 (2012-10-13/14)

ワイルドナイツ 35‐18 発情期 (2012-10-13)

発情期がここまで好調をキープして来れた理由が見えない。これじゃレギュラーシーズンで終了なあたりだよ。

立ち上がりからナイツが地力を見せつけ、そのまま前半中に試合を決めてしまうかに思われた前半18分……ナイツ#10デラーニ君のあり得ないDFエラーから発情期#4デーリックデニイ君にトライを奪われます。気をよくした発情期がモメンタムをつかみ、反攻態勢ですよ。そのうちナイツ#6しおネ君が報復行為でシンビンを喰らうし。それやこれやで7点差という不穏な点差で前半終了。

ハーフタイムでねじを巻き直されたか、ナイツは淡々とプレイ。こうなると発情期に勝ち目はなし。後半30分には70分遅れでデラーニ君を降板させる勝利の方程式。

ナイツと#12ソニービル君は互いになじんできたようで、遠慮したプレイがなくなりましたね。#11三宅君の能力と意識の高さに舌を巻く。その陰で#14山田君がハットトリック達成。

ソニービル君のトリッキーなパスもありました。そう第05節の試合前にデラーニ君が再三繰り返し練習していたようなやつだ。これが決まるまでにどれだけ基本技を反復したんだろう。トリッキーな技そのものの練習にいそしんでいたデラーニ君の小技がさっぱり決まらないのは、練習方法そのものに原因があると知れ。

ブラックケムズ 36‐19 NEしお (2012-10-13)

前節と同じくCTB櫻谷君を欠くNEしおが順当に敗退す。

NEしおは#7権 丈太郎君を出場させていた前半のビハインドをついに跳ね返せず。…だったら起用するなってことだよなあ。

NEしおは後半アタマから権 丈太郎君に代えて#18ニリ君を投入、するとケムズは#12Y難度君に代えて#22キニキニラウ君投入で対抗、差は埋まらない。そのうちニリ君がつまらないことで、ケムズ#3柴田君がくだらないことでシンビンになり、双方14人ずつでフルタイムを迎えることになりました。グダグダだあ。

ケムズはもっと上位に食い込んでいいチームなんだけどなあ。

実は#3瀧澤君をひそかに注目していたのですが、端倪すべからざる漢だな。NEしおで瀧澤君に匹敵する運動量なのは……ニリ君だけかよ。なんだかもう一試合くらいできそうな走りっぷりで迎えたホーン後、トライを獲れば勝ち点1で終われるというときに瀧澤君の走力が裏目に出る。ボールキャリアに素早く寄って……アクシデンタルオフサイドか。あちゃー。

前半17分のY難度君のトライはさほど難度を感じなかった。

試合結果と順位

Top League 2012 Week 06
(2012-10-13/14)
順位球団勝ち点得失点差変動
1サンゴリアヌス29+100
2顔ベルコ25+100
3犬不忠23+79
4ワイルドナイツ21+92
5発情期18+41
6シャイニングアークス1814
7ライナーズ16+68
8ト与太15-4
9御手洗11-2
10ブラックケムズ11-15
11NEしお10-26
12福岡5-111
13玄海原発4-139
14レッドハリケーンズ0-197

顔ベルコ 70‐24 玄海原発(2012-10-13)

レッドハリケーンズ 7‐59 ライナーズ(2012-10-13)

ト与太 22‐25 サンゴリアヌス(2012-10-13)

御手洗 17‐31 シャイニングアークス(2012-10-14)

福岡 20‐29 犬不忠(2012-10-14)

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2012-10-25 訂正:2012-10-30,12-25