Top League 2011 Play-off Tournament Semi-Final (2012-02-19)

ナイツ 37‐25 犬不忠

うーん、各ポジションごとに比較するとナイツが断然優勢だったなあ。特にCTB陣はナイツ圧勝、いや犬不忠に勝ち目があるとは見えなかった。#12オト君・#13仙波君が雑魚キャラ扱いか。ナイツ#12霜村君。#13フーリー君はTL随一のCTBユニットだし、仕方ないことなのだろう。

そしてFW後ろ五人の層の厚さですよ。ヒーナン君やJKに壊されたアイブス君・ホラニ君を欠いてこれだけのことができてしまう。#4劉君・#5飯島陽一君は当然大一番ではこのくらいやってもらわないと困るわけですが、まさか#6しおネ君がここまでがんばるとはねえ。

そんなナイツにも泣きどころがあります。#10デシャーニ君はいまだにDF時に高確率で行方不明になるんだなあ。OFでラインを動かすことよりもエリアマネジメントに徹するところは分を弁えたと思いますが。

ナイツの泣き所がSOぐらいというところがそのまま勝敗につながってしまった感があります。…こんなスタティックな要因で勝負がついてしまっては、いや、スタティックな要因で勝負がついたと認めてしまっては、そこらの雑魚サイトと変わりがない。汗顔の至りである。

強いてナイツの勝因を挙げるとすれば、デラーニ君がエリアマネジメントに徹したことかな。なった気して自称華麗なパス回しに終始することがないだけの分別がついたってことさ。痛い目を見てもまったく学習しない某ビッグベアーズ出身者よりはるかにましでした。

一方、犬不忠はサポートが悪い。抜け出す選手はいてもサポートがないから単発で終わってしまう。#6ベイツ君が左中間を抜け出してゴールラインに迫っても、あとに続く選手がいないからそれでおしまい。#4望月君とか#8豊田真人君とかは、サポートプレイを怠ったらいつ引導渡されるかわからんだろうが。

本来なら犬不忠にとって歴史的大敗となるべき試合でしたが、内容ほど点差が離れなかったのは後半28分のナイツ#8ツイ君のシンビンあればこそです。これでSHへのプレッシャーが減圧され、犬不忠は自在にボールを操れるようになりました。後半24分に犬不忠はSHを#9藤井淳君から#20吉田朋生君に入れ替えていますが、入替の効果はあったとしても限定的なものに留まると思われます。ツイ君のいない10分間に3T1Gの猛攻は見せたものの、その前後は獲れていないんですよねえ。ツイ君の復帰とほぼ同時に入替直後の#16設楽君がシンビン食らっていますが、犬不忠の反撃も失速していますから。

ツイ君がSHにプレッシャーをかけ続けていたわけではないと思いますが、ツイ君の仕事を誰かが代行せねばならず、結果としてSHへの加圧が甘くなっていたというところではないかな。(SHなどにプレッシャーをかけていたのはむしろ#6しおネ君だったような印象があるぞ)

ナイツ#5飯島君は今季生観戦したLOで一番いい感じのプレイでした。コード進行で言うとII→Vツーファイブ

アヌス 56‐8 NEしお

これも戦術を云々する以前に勝敗が決した試合でした。

NEしおは櫻谷君が出場できない時点で敗北は決定事項です。いや櫻谷君がいれば勝てたとか主張するつもりはない。いても勝てない公算は大である。しかし、いなければ万が一も起こり得まい。

そこで岡村氏に求められるのは、敗北を前提としながらも次に期待を懐かせる試合をすることであろう。

必死に食い下がって接戦を演じることができれば、実はアヌスへの勝機も見出せます。アヌスは基本的にOFで圧倒するだけのチームなので、接戦になるとほころびが出ます。たいていはその前にレフェリーが工作をしますがね。おっと、本題に戻そう。アヌスに食い下がるためには、理論的にはロースコアと乱打戦とが可能ですが、前者を指向するなら櫻谷君の存在は不可欠であり、後者を指向するならナドロ君のフル出場が前提となるでしょう。

何にせよ、NEしおが金星を挙げるにはベストの編制で臨むことが肝要で、それが叶わない時点で結果は見えていましたね。あとは一方的にやられるばかり……意地も踏ん張りもなく終わってしまったのは、有料試合として残念です。

しかし、こんな試合で天狗になれるEDって、ほんとチョロいな。えーと、天狗EDは、たぶん対義語です。

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2012-02-25