トップイーストリーグ2010 第3節

秋田 29‐43 釜石(2010-09-26)

ref. 山田 智也氏

in 旧松倉

出場選手

秋田No.釜石
氏名R/S氏名R/S
戸松 伸→ S171斎藤 芳
佐藤 正樹2小野寺 政人
佐々木 文弥3神田 佑樹→ S17
白幡 学4すっとこ F.
目黒 健太5L. ラターヘーパイア
夏井 玄→ S186佐伯 悠→ S18
白幡 友也7岡崎 英二→ S19
I. タカプ→ S198馬渕 勝
安藤 大樹9長田 剛
高橋 俊10小原 義巧
簾内 洋平11佐々木 天晃
笹渕 稔→ S2112N. 武蓮傳
A. タウファ→ S2213P, アラティニ
田村 恒太14清水 雅之
渡部 知弘15津嶋 俊一
二田 慎一16吉田 竜二
中泉 孝平17佐々木 和樹
佐々木 尚仁18保坂 豪
K. レドゥア19須田 康夫
早川 翔太20八重樫 俊介
姉川 隼21赤井 優太
M. ナワル22森山 裕樹

得点経過

  秋田    0         3                                       3
                    P
1st Half  0----+----1----+----2----+----3----+----4----+ SCORE
                G     G   G                 G
  釜石    0     7    14  21                28              28
		
前半06分 秋田 0‐7 釜石
釜石T、#8馬渕君。
G成功、#15津嶋君。
前半10分 秋田 3‐7 釜石
秋田PG成功、#9安藤君。
前半12分 秋田 3‐14 釜石
釜石T、#4すっとこ君。
G成功、津嶋君。
前半16分 秋田 3‐21 釜石
釜石T、#10小原君。
G成功、津嶋君。
前半35分 秋田 3‐28 釜石
釜石T、#13アラティニ君。
G成功、津嶋君。
  秋田    3   10 17                     22 29              29
               G G                       T G
2nd Half  0----+----1----+----2----+----3----+----4----+ SCORE
                       P      T                 G
  釜石   28           31     36                43          43
		
後半05分 秋田 10‐28 釜石
秋田T、#13タウファ君。
G成功、安藤君。
後半07分 秋田 17‐28 釜石
秋田T、#8タカプ君。
G成功、安藤君。
後半13分 秋田 17‐31 釜石
釜石PG成功、津嶋君。
後半20分 秋田 17‐36 釜石
釜石T、すっとこ君。
G失敗、津嶋君。
後半22分 秋田 17‐36 釜石
秋田入替: #1戸松伸君→#17中泉孝平君。
釜石入替: #6佐伯悠君→#18保坂豪君。
後半23分 秋田 17‐36 釜石
秋田入替: #12笹渕稔君→#21姉川隼君。
後半28分 秋田 17‐36 釜石
秋田入替: #6夏井玄君→#18佐々木尚仁君。
後半31分 秋田 22‐36 釜石
秋田T、安藤君。
G失敗、安藤君。
後半33分 秋田 29‐36 釜石
秋田T、#21姉川君。
G成功、安藤君。
秋田入替: #8I.タカプ君→#19K.レドゥア君。
後半36分 秋田 29‐36 釜石
釜石入替: #3神田佑樹君→#17佐々木和樹君、#7岡崎英二君→#19須田康太君。
後半38分 秋田 29‐43 釜石
釜石T、すっとこ君。
G成功、津嶋君。
秋田入替: #13A.タウファ君→#22M.ナワル君。

おやおや釜石2010 展望・願望でも述べましたが、早速侮りがたい秋田の実現ですか。

秋田が長足の進歩を見せている一方、釜石は……キングは自分の理想とするラグビーが釜石でなら実現可能だとかそういった趣旨の発言をしていた記憶があるが、さて、実現はいつだろうか。いまだ結実したようには見えないところから察すると、こりゃ相当にどでかい話に違いないぞ。

後半に秋田の猛攻を許したという失態は、旧松倉とか八橋とかであるかぎり、いくらのものでもない。秩父宮で美しいラグビーを実行し、かつ佐賀工業の県大会決勝程度のスコアを叩き出せば、まったく問題ないのだ。

とりあえず、次節は今季の自力昇格が消滅するか否かの大一番であるという自覚を持て。内容次第では――勝ち点や得失点には関わらず――ヘッドコーチ休養もあり得る。キングは辞表を胸にこの試合に臨め! そのくらいの芝居っ気は必要だろう。

前節TVでちょろっと観たが、釜石の採用しているラインアウトDFは……いや、生観戦までとっておこう。

その他の試合

サンデルフィス 17‐53 レッドドルフィンズ(2010-09-25)

武蔵野 13‐16 栗田(2010-09-25)

御手洗 38‐20 東京ガス(2010-09-25)

相模原 114‐0 ウィングス(2010-09-25)

ビッグブルー 32‐21 ラガッツ(2010-09-26)

いるかダービーは赤の勝利。なるほど、アヌスがイーストへご光臨されても舎弟企業の球団は関東1部へ転出というわけですか。…でもアヌスが関東1部へ直行あそばす方が個人的には愉快なのだがな。

トップリーグ昇格が現実的な目標となった球団は、下位の球団に絶望的なまでの力の差を見せつけねばならない。善戦を許していては他球団への示しがつかない。人間同士の戦いである以上、機運とか雰囲気とかの非科学的な要素も必要なのだ。相模原はわかっているようです。

暫定順位(第3節終了)

チーム名勝ち点得失点差暫定順位変動
相模原15+1901
釜石15+772
御手洗14+973
東京ガス10+604
ビッグブルー10+235
栗田工業9+26
武蔵野5-137
レッドドルフィンズ5-298
ラガッツ4-279
秋田1-9810
サンデルフィス0-749
ウィングス0-20812

下位との対戦における勝ち点5はスタートラインであって、決してゴールではないのだ。家に帰りつくまでが遠足だと小学校で教わらなかったのか?

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2010-09-30