JPN 94‐5 HKG (2010-05-22)

Asian 5 Nations 第四節

ref. 迷損氏(SPG)

in 秩父宮

出場選手

No.
氏名R/S氏名R/S
平島 照久→S171P. スピッツィリ→R3
堀江 翔太→S162J. エイベル→S16
中村 慎祐3A. ン ワイ シン→S17
大野 均4J. ストークス→S18
L. トンプソン→S185C. フレンチ
豊田 まさか…6クウォック カ チォン
T. 統悦7M. ライト
H. 龍コリニアシ→S198S. レオン→S19
田中 史朗→S209K. シャイ チャン ハン→S20
S. ウェブ10K. ロバートソン→R21
遠藤 幸佑11A. マックイーン
R. ニコラス→S2212S. ヘンベル
平 浩二13R. バーティー
A. トゥプアイレイ14ヨウ カム シン
立川 剛士15C. ピズリー→S22
湯原 祐希16A. バッドリー
川俣 直樹17J. ベネット
北川 俊澄18R. シャヴァニス
M. リーチ19R. ハッセー
吉田 朋生20T. アレキサンダー
J. アレジ21チャン ヒン ホン
松下 馨22A. レイビー

得点経過

   JPN    0 7   14    19   26         31   38   45         45
            G    G     T    G          T    G    G
1st Half  0----+----1----+----2----+----3----+----4      SCORE

   HKG    0                                                 0
	
前半00分 JPN 0‐0 HKG
JPN KO、南へ。#10ウェブ君。
JPN PK右中間24mをタッチへ。あわやタカイワ。
前半01分 JPN 0‐0 HKG
承前。JPNラインアウトでサポーターがジャンパーより前に出るオブストラクション。バーカ!
前半02分 JPN 7‐0 HKG
JPN T、#14トゥプアイレイ君。ウェブ君が右コーナーフラッグ際へハイパント、トゥプアイレイ君がキャッチして回り込む。
G右中間22m成功、#12ニコラス君。
前半05分 JPN 7‐0 HKG
HKGスクラム。JPN#9田中君がHKG#10ロバートソン君をサック。
前半06分 JPN 7‐0 HKG
HKG#15ビズリー君のキック処理、前進しすぎてバンザイ後逸。そのボールにJPN#2堀江君が絡む。
五陋丸君はどこにでもいるってことか。
前半07分 JPN 14‐0 HKG
承前。JPN T、#13平君。#5トンプソン君から#15立川君へと左に回したら、平君が余る。
G正面11m成功、ニコラス君。
前半10分 JPN 14‐0 HKG
トゥプアイレイ君のラン、しかし止められる。
前半11分 JPN 14‐0 HKG
立川君のクイックスローインからトゥプアイレイ君の個人技でビッグゲイン!
前半13分 JPN 19‐0 HKG
JPN T、トゥプアイレイ君。ラインアウトから右展開。
G右スミ25m失敗、ニコラス君。
前半18分 JPN 26‐0 HKG
JPN T、#11遠藤君。ニコラス君の個人技でビッグゲイン。ゴール前で止められるが遠藤君がサポート。祝W杯出場決定!
G左23m成功、ニコラス君。
前半29分 JPN 31‐0 HKG
JPN T、トゥプアイレイ君。遠藤君→#6豊田まさか…君でゲイン、ラックを経て右展開。
G右スミ失敗、ニコラス君。
前半31分 JPN 31‐0 HKG
HKG KO、#11マックイーン君。ノット10m。
HKG交替: #10A.ロバートソン君→#21チャン ヒン ホン君。
前半34分 JPN 38‐0 HKG
JPN T、#8コリニアシ君。スクラムから。
G正面10m成功、ニコラス君。
前半37分 JPN 38‐0 HKG
コリニアシ君、ゴール前ノックオン(扱い)。
前半39分 JPN 45‐0 HKG
JPN T、ウェブ君。スクラムから単独ラン。HKG#12ヘンペル君が広がりすぎているのを見逃さず。
G正面右成功、ウェブ君。
ハーフタイム。
   JPN   45   52   59 66    73    80 87      94            94
               G    G  G     G     G  G       G     ST
2nd Half  0----+----1----+----2----+----3----+----4---   SCORE
                               TS
   HKG    0                    5                            5
	
後半00分 JPN 45‐0 HKG
HKG入替: #2J.エイベル君→#16バッドリー君、#3A.ン ワイ シン君→#17J.ベネット君、#4J.ストークス君→#18R.シャヴァニス君、#9K.シェイ チャン ハン君→#20T.アレキサンダー君。
HKG KO、マックイーン君。またもノット10m。
後半01分 JPN 45‐0 HKG
承前。JPNスクラムから8-9失敗。
後半03分 JPN 45‐0 HKG
JPN#2堀江君ナイスラン! 3人抜き。
後半05分 JPN 52‐0 HKG
JPN T、田中君。ゴール前スクラムで8-9成功。
G正面左成功、ウェブ君。
後半06分 JPN 52‐0 HKG
ビズリー君のキック処理。脚を出してトラップを試みるも、触れられずに後逸。
ますます五陋丸君だ。
後半10分 JPN 59‐0 HKG
JPN入替: #1平島久照君→#17川俣直樹君、#8H.龍コリニアシ君→#19M.リーチ君。
JPN T、遠藤君。
G正面11m成功、ウェブ君。
後半11分 JPN 59‐0 HKG
JPN入替: #2堀江翔太君→#16湯原祐希君、#10S.ウェブ君→#21J.アレジ君、#12R.ニコラス君→#22松下馨君。松下君がWTB、第一CTBに#14トゥプアイレイ君。
後半13分 JPN 66‐0 HKG
JPN T、田中君。
G右22m成功、#21アレジ君。
HKG入替: #8S.レオン君→#19R.ハッセー君、#15C.ビズリー君→#22A.レイビー君。
後半18分 JPN 66‐0 HKG
遠藤君、パスカットをファンブル、しかし自らキャッチ。この間に10mゲイン。
後半19分 JPN 73‐0 HKG
JPN T、#22松下君。トゥプアイレイ君のラン。タックルされボールを置いて拾い再び前進。アレジ君→立川君→松下君。
G成功、アレジ君。
後半21分 JPN 73‐5 HKG
HKG T、#7ライト君。アレジ君のグラバーを#7ライト君が足にかける。アレジ君はゴール前で追いつくがセービング失敗、こぼれ球をライト君が押さえる。
Gゴール正面右失敗、マックイーン君。
後半22分 JPN 73‐5 HKG
HKG#19ハッセー君、シンビン。田中君を殴る。トゥプアイレイ君につかみかかる。
後半25分 JPN 80‐5 HKG
JPN T、#16湯原君。HKGスクラムからごちゃごちゃしたラックでJPNがターンオーバー。
G正面成功、アレジ君。
JPN入替: #9田中史朗君→#20吉田朋生君。
後半27分 JPN 80‐5 HKG
ラックから#20吉田朋生君がゴロのパス、トゥプアイレイ君のグラバー、立川君は自らのファンブルを確保できずノックオンとなる。
後半28分 JPN 87‐5 HKG
JPN T、吉田朋生君。
G成功、アレジ君。
JPN入替: #5L.トンプソン君→#18北川俊澄君。
後半35分 JPN 87‐5 HKG
南村氏、初コール。
HKG交替: #1P.スピツィリ君→#3A.ン ワイ シン君。
後半36分 JPN 94‐5 HKG
JPN T、アレジ君。自らのカットイン。
G左中間21m成功、アレジ君。
後半42分 JPN 94‐5 HKG
JPN#7統悦君、シンビン。ノット10mバックの繰り返し。
レフェリー迷損氏のルール解釈に疑問。FK/PKにおいて、連続ノット10mバックは起こり得ないはず。
後半43分 JPN 94‐5 HKG
立川君→豊田まさか…君→立川君とつないで右中間にグラウンディング。そこにハッセー君がアンネセサリーラフィング、立川君は鉄拳制裁。迷損氏は立川君のトライを認めず、報復行為を咎めて退場に処する。ハッセー君はお咎めなし。
フルタイム。

雑感

祝! W杯出場決定

前半18分に四本めのトライを獲り、七大会連続出場が決まりました。

この長く苦しい道のりを経てここまで来れたのはGM太田氏の功績です。HCカーワン氏の手腕あってのことです。この二人がいなければ……もっと楽に来れただろう……

正直なところ、JKジャパンなどよりオール関東学院の方がよほど強いと思われます。HO山本貢君・FB立川君・有害君をJK側に貸与してさえ(貢君は痛いが、それもハンデと知れ)。

土佐君の代より下はかんなぎ、失礼、カンナビ学院なので対象外とします。

高野連

後半43分のJPN#15立川君のトライが無効とされ、退場処分が科されたプレイですが、気がつくとJPNの連中ばかり集まっているし、最初はオーバーセレブレーションかと思いました。ホームランを打った選手がガッツポーズをしたら高校生らしくないという理由でホームラン取り消し+アウトを宣告されてしまった話に酷似しているなあ、と。

これはもちろん誤解だったのですが、映像には立川君のグラウンディングに始まり、HKG#19ハッセー君のアンネセサリーラフネスと立川君の報復という一連の動作がばっちり映ってましたねえ。で、レフェリー・迷損氏は立川君のトライを認めず、退場を命ずる。

いや立川君のレッドカードはどうでもいい(退場に不服はない)のですが、トライなしはおかしいんじゃないの? グラウンディング後の不行跡はグラウンディング行為を無効にできるものなのかぁ?

ある不正が発覚したとき、レフェリーは発覚時点以前に遡ってペナライズできるのか? 競技規則レベルで明文化された条項を見つけることはできませんでしたが、否定的な条項は存在します。アメフトで言うイリーガルサブスティテュート(ラグビーでは何と言うのかな?)に関する条項です。

いずれのチームも、相手側のプレーヤーの人数について、試合前、試合中のいつでもレフリーに異議を申し立ててよい。レフリーは、プレーヤーの人数が多すぎると認めれば直ちに、そのチームのキャプテンに適切な人数に減らすよう命ずる。ただし、申し立てた時点での得点は変わらない

2010年度競技規則:第3条第2項「認められた人数以上からなるチーム」

引用部の強調は小生。

つまり、第三アシスタントレフェリーがまさにそのためだけにいて頭数の出納を厳しく管理していると思いきや、実はマッチオフィシャルは両チームの適切な人数が競技区域にいるよう管理監督する努力をどこかの段階で放棄しており、アクティブなセンシングは対戦中の両チームの相互監視に丸投げしている。しかも、人数に関する不正(それが偶然か故意かは問わず)が発覚しても、得点を遡って訂正することはしないと宣言しています。16人(以上)でつないだトライもばれなきゃ有効。ある意味、やり得か。

もうひとつ、レフェリーには時間を遡って決定を下す権限を持たないことが推察される条文を;

もしレフリーが、プレーの続行が危険であるとみなすのならば、レフリーは、いつでも試合を終了する権限を持つ。

2010年度競技規則:第5条第7項「その他、時間に関する規則」(d)

引用部の強調は小生。

試合を切り上げる権限は与えても、その試合をなかったことにする権限までは与えられていないようです。それでも第5条の条文を見る限り、レフェリーが試合を打ち切った時点で「実は時計は動いていませんでした」と強弁すれば、その試合をなかったことにできるかもしれません。ただし、他のマッチオフィシャルや関係者をはじめ、選手や観客の口をどう封じるかまでは自分で行なわなければならないでしょうね。事実上不可能だ。

立川君がグラウンディングを完了するまでに不正はなく、不行跡はグラウンディング後のことです。不行跡が起こる前に遡ってグラウンディングの事実を認めないのは奇妙です。やはり高野連な判定だわな。

実は、立川君のトライの直前にもあり得ない裁定が下っています。

後半42分JPN#7統悦君シンビン。罪状は反則の繰り返し その直前にJPNはノット10mバック/リメインのオフサイドを犯しており、統悦君は明らかに再犯でした。

でもこれはおかしな裁定ではないか? PK/FKにおいてDF側にリメインオフサイドがあった場合、10m前進した地点で再びPK/FKが与えられるものの、DF側が全員オンサイドになるまでレフェリーはリスタートを認めてはならないのではなかったか。迷損氏がマークを示したのなら統悦君はオンサイドであり、反則は発生し得ない。迷損氏がマークを示す前にHKGがPからGo!を再度実行したのなら、そのプレイは無効であり、統悦君のオフサイドもあり得ない。

どう転んでもあり得ないことが起きてしまった。その1分後に立川君に退場処分が下っています。競技規則の条文だの協会の通達だのIRBのルーリングだのを解釈する次元ではないように感じます。オッカムの剃刀を用いれば、迷損氏の能力もしくは資質に問題があったということになるのではないか。

もちろん能力にも資質にも同時に問題がある可能性を妨げるものではない。

小生はつねづねレフェリーは絶対レフェリーは神聖不可侵とするファシストやカルト宗教陣営の意見をボロカスに言ってきましたが、それは間違いではなかったと愚考します。迷損氏のごときをどのように淘汰するか、それはすべてのレフェリーを神聖視していては永遠に不可能です。レフェリーは対戦する両チームを試合中に限り支配できるにとどまり、観客の感想までを試合後に至っても意のままにできると思ったら大間違いだ。

この大会では迷損氏の笛の試合を観たのはこれで二回目ではあるが、最初のときに感じた小役人根性はまったくもって過小評価でした。すきっぷおやじ氏がブログで嘆いていたのは、いやあ、笑いごとではなかったのか!

余談ながら、すきっぷおやじ氏のブログ掲載の写真を見て、ん、堀越正巳か?と思ってしまった。

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2010-08-10