釜石シーウェイブス analysis 2009

初戦(ラガッツ戦in三ツ沢)が事実上の最終戦で、以降は消化試合でした。第二戦以降レプリカ着用拒否運動を続けて正解でした。

de 戦術

犬モール? バカですか。

犬モールを選択するチームに聞きたいのは、何をしたいのか、です。モールを組んで押し込みたいのであればドスコイという選択肢がある。敢えてラインアウトにする必要性はどこにあるのか。おそらくノットストレートとかノット1m、あるいは09年度であればリフト、失礼、サポートしている選手が前に出てのオブストラクションなどで逸機したいからラインアウトという形式が必要なのかな。

犬モールとはむしろ大一番には向かない方法論なのだ。彼我の力量に格段の差がある場合を除き、勝敗の帰趨が決したのちに死屍に鞭打つべく行なってみて満足のゆく成功率が得られるものではないか。相手の戦意を打ち砕くトライを獲る手段としては、あまりにも繊細すぎる。

公式サイト(の掲示板)やいくつかのファンサイトを拝読する限り、犬モールを推奨すべき理由は述べられていません。ことごとく論理に飛躍がある。4Tボーナスのためにトライを獲らねばならないことを指摘し、その実現手段としてなぜか犬モールが所与のものとして語られる。ここに宗教的な頑迷さを感じます。カウンターからの1 on 2で菅野君が勝負するという方法もあるだろうに。

トップリーグ昇格を現実のものとしたいのであれば、第一に流れの中でトライを獲るプレイを磨くべきです。難しいことはない、ラグビースクールで真っ先に教えることを実行すればよい。ただいま選手諸君がいろんな理由を捏造して怠っていることをこれからはまじめに実行せよということだな。

また、PG狙いを消極的と位置づける連中に問いたい。常にトライを追求する姿勢こそが積極的であるのなら、アドバンテージをもらったら喜々としてプレイを切るのも積極的なのか? いや、アドバンテージを解消せざるを得ないほどにOFの成果を積み上げる姿勢こそが積極的であろう。首折り弾にも委細構わず突進することこそ、お前らの好きな蛮勇の奮い方ではないか。生首をもぎとられても交尾を完遂するカマキリのオスどもを見習え。

犬モールを賛美する連中ってさ、攻め切る意志を欠いているくせに自らの勇気だけを強調する手合いだよな。ともに事を計るべからざる佞人どもだ。遠ざけるにしくはない。

OF側の意思決定をDF側(反則を犯した当事者ども)から見たらどうなるか。プレイを切った時点で、DF側は最低限の目標を達成したと言えるんだよ。このままプレイが続いたらトライを獲られる(ことを恐れる)から反則を犯してプレイを不当に停滞させる。摘発されなければもうけものだし、むしろセットプレイからのコンテストにしてもらった方がきちんとDFを布けて都合がよいくらいです。アドバンテージをもらってわざわざリスキーなOFに奔るのは、これ以上プレイを継続する意志がないとの宣言でもある。プレイの寸断を図るDF側から見れば、この瞬間にOF側はDF側の意思に屈したのだ。

すでに相手の意思を受容しているのに、あくまでも強硬な姿勢を見せびらかすとしたら、何か裏があるのだろう。その一つはすでに挙げた。自らの消極性(もしくは無能力)を糊塗するための虚勢だ。他にもあるだろうが、ここでの言及・考察は措く。

予見し得る将来においてもPGの価値はいささかも減じるものではないと確信していますが、トライを獲る方法を模索する努力は怠ってはいけない。犬モールに代わるセットプレイも開発しなければならない。たとえばゴール前で得たFKからトライを獲る方法を確立すれば、それはPK局面でも選択可能なオプションになる。

打開策はBKにあると愚考します。

ゴール前のPK/FKなら、BKがラインを作りFWはその後ろにサポートラインを布く二重の雁行陣――かつての2ヨコ千田の陣形――を試してみるのも面白い。

釜石の停滞は流行に追いつくことで満足していることから始まっている。

de 選手

de SO小原君

いやあ、これほどキックにボールの重さを感じさせない選手は初めてだわ。

小生が活動を始めて以来、SOの理想像に重ねてきた選手と言えば赤羽俊孝と金和則選手でした。赤羽は松尾雄二選手→本城和彦選手という系譜に位置づけてきましたが、金和則選手は前例のない選手でした。(小生はブラウン君を金選手の系譜に連なる選手と見立てている)

小原君はどちらかというと金選手に近いものを感じるとともに、永遠に金選手の域に達せない事実も痛感しました。かと言って赤羽のような主流SOには決してなれないだろうなあ。

もし釜石がSOに主流派を求めるのであれば、金選手をはじいたことには納得しますが、ぬるぽ王子を干す理由にはなり得ない。天才的なSOを望むのであれば、ぬるぽ王子を除外する理由にはなっても、金選手に冷や飯を食わせ続けてきた理由にはなり得ない。98年度の闘志也選手に始まり砂金選手→マンドルージアック選手・細川君→越前谷選手→アンガス→底ラー選手→粗ティニ君という系譜を見る限り、SOにはフレアは不要どころか有害と考えて現在に至っているとみなすわけです。

そこで小原君が金選手に及ばない理由ですが、それはDFの能力です。金選手は富士鉄時代から通算しても屈指のハードタックラーです。しかも選手生活の終盤に当たる時期にはLOの仕事も兼務していました。現在もトレーナーだかをしている及川文寿氏にSOを任せられるだけの身体がないと言われていて。釜石のLOはSO失格者の吹き溜まりだったのか。いや、ブンさん(及川文寿氏)の酷評が小原君についてなら納得しますよ、小生も。

金選手のキックは確かに小原君以上にFWがボール獲得のために苦労したかを感じさせないキックでしたよ。でも金君にはそれができるだけの裏づけがあった。彼自身がハードタックラーであり、SOを任せられるだけの身体がないと酷評されながらもKOでは真っ先に刺さっていった。No.8が待ち構えている深いキックばかりではなく、LOが待ち構えている浅いキックでもね。だから少なくとも釜石には金君がどれだけボールを無駄にしても文句を言えるFWはいるはずがない。いたらそいつは心得違い野郎だ。

そこで小原君はFWの苦労などという高校の監督の説教ネタみたいなところでがんばっても仕方ないと思います。それはプレイを小さくするだけだな。そうなると小原君には何の魅力もなく、DFできない#10という事実だけが残る。

しかし、釜石には小ぢんまりとまとまったBKを好むという性癖がある。それも停滞の一因と知れ。

最終戦のあとの懇親会でボールの重さを感じさせないキックの話をしたら、そうでしょう。回転かかってませんから、フワァっと行くんですよ ぎゃはははは、伊達に坂田銀時な髪型してないぞ。2ポイント獲得!

de 細川君

おやおや卒業ですか。なんでだよう。

釜石が正SOとして売り出したい選手って、SOへの色気を断ち切ってからが実力を遺憾なく発揮する例が多いなあ。でもその頃には球団は新しいおもちゃに夢中なのさ。

おそらくマンドルージアック‐細川組が日本での本格的なFE陣の嚆矢かなと愚考します。与作‐平毛組は与作の影が薄すぎた(中継役のパサー、ときどきキッカー)し。

マンドルージアック‐細川組の常套手段と言うと、パスを何度も往復させるアレですが、まったく意味がなかったなあ。もっと間合いを詰めた状態ならただ一度のリターンでも決まるだろうに。パス交換よりも自ら間合いを詰めることを優先していれば好ましい結果が得られたに違いない。

細川君は、07年度以降の鬼神のごときDFがありましたが、入団当初からの低く速く伸びるパスが最大の武器でした。放つではなく撃つ このパスを軸にムーブを組み立てるということが、ついに釜石では見られなかったなあ。飛ばしパスは苦し紛れの局面限定だったし。たとえば、オープンサイドのSOからキックフェイクを入れてブラインドサイドの森山君へロングパス……本人が考え付かなくても、首脳陣までもが思いつかなかったのかねえ。

釜石が#10として売り出したい選手はむしろ#12向きなんじゃないかな。#10への執着と言うか色気がプレイを空回りさせる。そこから解脱して#12に取り組んでみると――平毛理論もこれだけは認めねばなるまいが――視野が平毛て、失礼、開けて自由自在に能力を発揮できるということか。#12こそ己の天職と心得てからが細川君の正味のラグビー人生だったと愚考します。でも出場機会は激減し、本人にとって充実していたかどうかははなはだ疑問ですが……これも釜石低迷の要因です。チームにとって必要なはずの選手よりも、売り出したい選手の起用が優先されるように見えるのですが。

シーウェイブスで最も成長した選手は誰か? BKでは二位の森闘志也選手に圧倒的な大差をつけて細川君です。罵詈雑言の嵐からスタートして称賛のうちに惜しまれつつ卒業……これぞ現役選手の醍醐味さ。

卒業を惜しんだBK一覧(敬称略): 西田登喜、森闘志也、篠原洋介、金和則、細川進。

de 菅野君

かつて大きなエラーをしないことがエラーと評しましたが、エラーが笑って許される年代は過ぎつつあるように思います。惜しいな、DFはしつこいのに。

毎回思うのですが、菅野君はWTBに向いていないのではないか。少なくともオープンサイドWTBには。試合を観ると、オープンサイドWTBもしくはフィニッシャーとしてチームに位置づけられるべきは森山君がふさわしい。

ではどのポジションが適しているか。ブラインドサイドWTB、第二CTB、FBあたりかな。まあ第二CTBは天晃君がいるからまったく非現実的です。フィールディングは……まったくの未知数。晩年の金選手のようにブラインドサイドWTBからSE的に動くか、津嶋君・ミラー君の次の世代のFBに名乗りを上げるか。いずれにせよ、このままではじり貧だな。

伝統的に釜石はBKに対して非情です。変な語尾のアイドルとして売り出してポイ! 実力派としての再起には冷淡、こういうプロモーションなんだよ。演歌歌手を地道に育てる方法論の対極にある。こうした釜石の環境で、菅野君ほど長期間イチ押しタレントだった選手は記憶にないなあ。

釜石が売り込みたいBKはむしろ色物なんだよ。世阿弥に言わせれば時分の花、真の花にはあらず。

de FW

まず第一列に称賛を!

おそらく釜石にあって発掘と売り出しとがともにうまく回っている稀有な例なのではないか。出場できない実力者が存在するかもしれないが、ダメダメなやつが起用され続けるってことがないからなあ。第一列は、セットプレイに関する限り、安心して観ていられます。

それでも、FWはサポートの意識が薄い。

これでセヴンズにも積極的に参加すると、とてつもない世界が拓けるんじゃないかなあ。第一列、とりわけPRはセヴンズなんて最初から別世界と決め付けているようだけど、むしろPRにこそセヴンズでも通用するスキルや走力を身につけてほしい。プロパーWTBをスワーブで振り切った吉田一行選手という前例が釜石には存在する。先人に続け。

法政の#4~#9(あるいは#4~#10)は使えないは小生の持論で当分撤回する気はないのですが、岡崎君の仕事量の多さには脱帽です。

ん? 法政の第三列を使えないと評しつつ岡崎君の仕事量を讃えるこの矛盾は、岡崎君の株を上げることにならないか? 少なくとも不利には働くまい。

馬渕君の故障は、競技の性格上しかたないことではありますが、まったく残念。佐伯君の起用方法については、球団の姿勢を残念に思います。

改めて、第一列の選手諸君に敬意を表します。

来季に向けて

勝て。

勝てば勝ち点4、4Tボーナスは勝ち点1、どちらを採るか。答えは自明。

もう一つ、今季の釜石は与勝ち点が多すぎました。得勝ち点だけを見ればもう少し上の順位の可能性を感じるかもしれませんが、与勝ち点では4位東京ガスとの間に断絶があります。釜石は勝ち点の獲得が足りなかったのではなく、勝ち点をばら撒きすぎたのだ。得勝ち点を稼ぎ、かつ与勝ち点を抑えるには、勝つのが最も手っ取り早い。

一試合の反則数はだいたい10ちょっとあり、そのうちPGを狙える位置はまあ半分としても5~6回、PG成功率を75%と仮定すると11.25~13.50すなわち4PG成功の12得点が見込めます。トライ逃れの反則を犯しPGに値切り倒すという目先の交渉で優位に立ったつもりが、自陣で反則できない状況を完成させるわけです。トライの好機はPGによる着実な加点から生ずる。

一方、4Tボーナスにこだわる球団は、トップリーグでもトップイーストリーグでも、中位~下位にひしめいています。すなわち負け犬の思想です。4Tボーナスの勝ち点1を得られるのなら、相手に勝てばもらえる勝ち点4をあげてもいいという綾小路きみまろのネタっぽいことを実践している連中です。

箕内君が燃え尽きる前のグリーンロケッツのようにロースコアの試合を制するのが持ち味の球団ならば、勝ち星で劣る球団に勝ち点で及ばない事態に陥っても動じないでしょう。全勝チームの理論上の最小勝ち点52は4敗チームの理論上の最大勝ち点53に及びませんが、全勝チームが下位の泡沫なチームから4Tボーナスを奪えないということは考えにくい。現実的にはプレイオフトーナメント進出は固いと思われます。イーストでも同様です。

逆に、4Tボーナスに固執するあまり、勝利すらもつかめず完敗という例は枚挙に暇がありません。法政なんかボーナス点もないのにトライにこだわって敗けてやがる。しかもそんなチームに限って、トライを獲る手段が犬モール一辺倒だ。

そもそも開発元の犬不忠が犬モールにこだわっていない。それなのに海賊版を導入した球団が犬モールにこだわるとは。…周りがみんな愚かだからといって、自らも愚かなままでよいのか。愚かで在り続けることに、そこまで誇りを感じているのか。

おわりに

なぜSeaWaves2009はつまらなかったのか。ラノベを読んでいて原因らしきものに思い当たった。引用しよう。

命のある限り走れ

それが父親の口癖くちぐせだった。

おおかみはみんなそうするのだ。走れなくなった時は死ぬ時だ。

自分はまだ生きている。

ならば、立ち上がらなければならないのだ。

走れる限りは戦え

父はそうも言った――何と戦うのか。くじけようとする自分の意志こころとだ。

茅田砂胡:『デルフィニア戦記』,第IV部 伝説の終焉5

SeaWave一人一人に問いたい。君は生きているか。君は走っているか。君は戦っているか、と。

文献

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2010-05-20