Worst XV 2006(裏XV2006)

ワーストXV

No.氏名所属次点
1前田 航平アヌス
2本多 貴ファイティングブル青木 佑輔(アヌス)
3池谷 陽介アヌス
4平塚 純司ヴェルブリッツ
5熊谷 皇紀グリーンロケッツ早野貴大(アヌス)
6浅野 良太グリーンロケッツ
7豊田 将万スーパーフリー
8川カム 力也ブラックケムズ
9麻田 一平ヴェルブリッツ伊藤護(犬不忠)
10藤井 亮太関東学院しお村政しお(しおウェイブス)
11藤原“ぬるぽ”誠しおウェイブス
12大田尾 竜彦ジュビロ
13今村“超高校級”雄太スーパーフリー
14命運月田伸一ブラックケムズ
15五陋丸 歩スーパーフリー

アヌスのフロントローがそのまま選出かという勢いでしたが、ボール蹴り事件の本多君(ファイティングブル)には実に腹が立って仕方ないので青木君にはどいてもらいました。めげるな青木君!

LOは法政の独壇場でした。ヴェルブリッツが平塚君の戦線離脱後に日本選手権ファイナリストになったことが一つのヒントにはなりませんか>グリーンロケッツ。

ケムズの第三列は何をしていたのか。サボりにサボって昨年より順位を落としている。ケムズの場合は上からの順位ではなく、下からの順位をキープしたと見るべきか。そのうちトップリーグもカド番を採用して、二年連続で入替戦に回ることになったら自動降格になるんじゃないの。

山口(スピアーズ)はどうも太りすぎの様子でした。

SHは悩みに悩んで麻田君にしました。実力的には劣るとも優らない伊藤護君を退けたのは……やはり法政ブランドか。アヌスの第一列、法政の#4~#9、和田のBKを対象外にするとこの企画が成り立たない恐れがありますからね。若くて実力のある競争相手がいながら塩SH道を駆ける護君も捨てがたいものがありました。

DFには定評のある辻君は、ゴールを背にした局面ではスイーパー的な位置に下がります。BKが七人制で言うシックスアップになっているので、何らかの意図があるようです。辻君もよく指示を出しているのですが……抜け出した選手に対して辻君だけが何の反応もないのはなぜだ。この辺のちぐはぐさがロケッツ不調の一因かな。

今年度最大の難問はSOでした。しお村政しお君は一応毎日鍛錬しているはずなのにキックはできない、足は遅い、パスはボールを投げ捨てるだけ、DFになると雲隠れというダメっぷりでした。トップリーグでは通用しないわけがわかったと言うか、イーストでも通用しないよ。もっと下に行かなきゃ。

とりあえず候補者としてふさわしい一コマを紹介します。横河電機戦(2006-10-15)後半23分、「椎村、頼むぞ!」の声援にインプレイにもかかわらず手を上げて応えていました。声援を送るやつも応えるやつも救いがたいバカだよなあ。

対する藤井君は要素技術ではしお村政しお君を凌駕しています。藤井君のバカなところは、前半30分前後(25分~35分)の時間帯に、不用意と言うか利敵行為と言うか、キックで相手にボールをプレゼントしてトライを献上し、ほぼ決まりかけていた試合を相手側に大きく傾けてしまうパターンにあります。能力のない人の精一杯のプレイより、能力の高いはずの人のしょっぱいプレイを笑うべきでしょう。(いや、しお村政しお君はタコの分際で流していたのですが)

SO/FBとして長井達哉君(ラガッツ)も観客に失望を与えた、忘れ得ぬ選手です。

大田尾君は相手より味方を振り回すプレイ(筒井康隆の素人な将軍の話)を評価しました。その時々で相手の最善手を予期している人に対しては悪手も効果的な一手になる場合もあるということか。…これが妙手に思える人は病院に行くべきです。

ぬるぽ王子は状況と行動に秒単位のタイムラグがあります。ステゴサウルス並みの神経伝達です。月面の指令室が試合をモニターし指示を出していると仮定すると、ほぼそのくらいのタイムラグになります。とりあえずは、ぬるぽ王子を関東代表候補に推挙したバカの顔が見たい。

選考の判断材料には含めませんでしたが、超高校級はいったい何者なのかなあ。就職も決まり、試験も終わった四回生が学業を理由にジャパン候補合宿を辞退するとは。そもそもジャパン候補に呼ばれるだけの力量もないのに。力不足を実感しての辞退なんだろうなとは思いますが、学業って口実はないだろう。この時期に学業を理由にするくらい勉強が好きなら、なぜいままで辞退しなかったのか。それでいてオール早慶には出場とは。この辺のロジックを理解できない小生こそ学業の必要がありそうですが。

超高校級の選出は純粋にプレイのしょっぱさです。今季は高校生並みのプレイすら観ていません。

命運月田君のWTB選出は本人よりケムズ首脳陣のバカさ加減を表しています。正WTB斉藤敦君の負傷退場を承けて命運月田君投入なら、FB金澤君をWTB、CTB河野君をFB、SO武川君をCTB、命運月田君がSOじゃないかな。

五陋丸君はタックルが高く甘く、フィールディングでは定位置のパントなのにわざわざ下がってバウンドさせてから処理というヘタレっぷりでした。

その他各章

裏プレイヤー・オブ・ザ・イヤー: 浅野 良太君(グリーンロケッツ)
出場した試合ではことごとくチームの足を引っ張ったなあ。初めてチームに貢献したのがアヌス戦以後の五試合出場停止。そのアヌス戦では下らない挑発にのって一発レッドカードの醜態を曝す。おかげでロケッツは昨年度日本選手権優勝チームでありながら完封敗けを喫しました。出場停止を食らうなら、もっと早い時期にもっと永くもらわなきゃダメだ。いやはや弁護の言葉も見つからない。
極悪チーム: アヌス
当代最高のヒールが率いるチームが極悪なのは勲章と思っていただきたい。と同時に、この程度で満足してほしくない。連覇末期の神戸製鋼と比べるとまだまだスケールが小さい。まだやれる余地はあるはずです。
お先真っ暗な選手: 超高校級(スーパーフリー)
現在のプレイ内容を高校時代にやらかしていれば……花園出場が見込める高校なら、リザーブに入ることはまず無理です。
裏ルーキー・オブ・ザ・イヤー: 清宮 克幸氏(アヌス)
監督までカウントするのは不適切と思いますが、彼以上に醜態を曝した人物はいなかったように思います。いや、ただ一回の醜態、すなわち2007年2月4日マイクロソフト杯決勝に敗れ泣いていたことで選出されました。失望しました。昨年までの五年間にてめえが敗者に対して示してきた姿勢を規準とすれば、トップリーグは温かいところなんだろうな。別に謙虚になれとかグッドルーザーとして振舞えとか言うつもりはありません。興を殺ぐだけですから。敗けてなおふてぶてしい清宮克幸を見たかった。ヒールに涙は似合わない。
年間ワーストゲーム: お釜石しおウェイブス 0‐53 NTT東日本(2006-12-10)
レギュラーシーズンの府中ダービーを観なかったことで、候補は三つに絞られました。しおウェイブス 0‐53 NTT(2006-12-10)、ロケッツ 0‐43 アヌス(2006-12-16)、犬不忠 14‐13 アヌス(2007-02-04)。アヌスが敗けると無条件で「ざまをみろ」と思えるので一つ脱落します。レッドカードというアクシデントで事実上の試合放棄を選んだ試合が次いで脱落です。すなわち言い訳の余地のないものが残りました。おそらく日本選手権優勝チームとしては初の完封敗けです。お釜石の翌週にはロケッツが日本選手権優勝チームとしてはおそらく二度めの完封敗けを喫しましたが、二回めより一回めの方が印象が強いのが世のならいです。
ワースト主将: 浅野 良太君(グリーンロケッツ)
何でこんな使えないやつを主将にしたのかな。次点は麻田君(ヴェルブリッツ)。
ワーストレフェリー: 岩下 眞一氏
「恥の上塗り」という言葉は岩下氏のためにあった! 02年度に和田を優勝させた反省はどこに消えたのか。レフェリーソサエティもアヌスを和田の延長とみなしているらしい。岩下氏も清宮克幸事務所加入と見た。
ワーストフレーズ: 「ネセサリーロス」(清宮氏)
敗走を「転進」と言い繕う類の発言です。言葉を飾って事実が変わるか。サッカー選手がボキャ貧云々って、まさか大本営発表とは関係ないよな。
この語の戦術的考察は後日に予定しています。
裏敢闘賞: 命運月田(ブラックケムズ)
入替戦でのWTB出場には笑ったなあ。何もできない、いやそれ以前に何をしたらいいかわからずにいたと言うべきか。いやはや気の毒になあ。
裏殊勲賞: 平塚純司君(ヴェルブリッツ)
死生亦大矣、召忽之死也賢其生、管仲之生也賢其死。平塚の死ぬはその生きるにまさるというやつか。ヴェルブリッツ四強入りの最大の功労者。よく故障した!
次点は当然浅野良太君です。出場停止処分になるのがもっと早い時期だったらなあ。でも期間が明けたらまた出てくるわけだから、ポストシーズンでチームが恥をかくことになったのかな。
裏技能賞: 豊田将万君(スーパーフリー)
プロレスに行け。いますぐに。

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2007-03-25