アイルランド代表来日シリーズ

日本代表vsアイルランド代表(2005-06-12)in 長居

SO森田君のキックを「消極的」と評する人がいるようですが、拙攻と言うべきでしょう。ボールを手放しても地域を挽回したい/すべき局面は確かに存在し、そこでは蹴らずに回す方がより頭の悪いラグビーになります。たとえば自陣ゴール前から回して強攻の一辺倒は積極的か?

前世紀末の戦訓に学べば、自陣ゴール前から相手ラインアウト覚悟のタッチキックで地域を挽回するのは、検討に値する選択肢です。現時点では数次にわたるパス&ランの連続でも一回のキックに匹敵するほどの前進は見込めないのですから、大きくタッチに蹴り出すのが賢明と思われます。

問題はPKをタッチに蹴り出したとき、マイボールのラインアウトが確保できないことではないか。せっかく向井ジャパンでスクラムはFW八人の共同作業という認識が生まれたのに、萩本ジャパンではそれをラインアウトに敷衍するどころかスクラムさえも逆行させてしまいました。

なお、パーキンソン君は出場停止期間が明けたことによる政治的な起用ですが、最多キャップ記録更新のためだけに起用されている同僚のCTBより活躍していました。

TV観戦ながら、また同じことを繰り返してるという印象しか残らない試合でした。

日本代表 18‐44 アイルランド代表(2005-06-19)in 秩父宮

アイルランドの応援ボードを入手し“Ireland's Call”も歌うというアンチ萩本モードでした。

右PR山村君は強豪国相手ではかなり荷が重いか。それは修行中ということで納得しよう。しかし山村君に代わる右PRが笠井君というのは理解に苦しむところです。山村君以上にスクラムが強くかつ山村君以上にフィールドプレイも冴える右PRが期待される局面でなぜ上限でどっこいどっこいの笠井君かなあ。豊山君じゃダメなのかなあ。萩本監督は笠井君に何を期待しているのか。山村君のかませ犬だとしたら相当の人非人だぞ。

カオベルコに来た選手に対する厚遇+ワセダキティのご機嫌取りで起用され続けている後藤翔太君はFWの信頼をまったく得られていませんねえ。またも箕内君にどつかれて弾き飛ばされてけつかるし。現場ではいない方がましという評価を主将が下しているわけですが、小生は箕内君を支持します。

SO廣瀬君はほとんどの局面で第一CTB元木君の分までDFを行なっていました。元木君は実在が疑われ、一説によれば空想上の存在とのことです。架空の人物にまでキャップを授与するのだから豪気なものです。

バックスリーはFBに有賀君が戦列復帰するまではこれで我慢する他ないなあ。現FB立川君の意義は、無能な選手(五陋丸君)の出番を最小限に止めることにあります。最悪の立川君と平均的な五陋丸君ならまだ前者がマシですから。

日本代表は番狂わせを狙う方の立場であるわけですが、強豪チームでプレイし強豪チームでの指導経験しかない指導者にはある種の選手は徹底的に排除すべきであるという発想ができません。その「ある種の選手」とは支配‐従属の関係でしか世界を認識できないメンタリティの選手です。十年前なら堀越正巳選手、現在なら冨岡君ですね。強豪チームに属して格下のチームに圧勝する際には常に実力以上のパフォーマンスを示すも、難敵に遭い逆境でのプレイを強いられるとすぐ責任転嫁に走るという見下げ果てたやつですよ。この手の選手はペーペー時代からよく声を出し、チームを鼓舞する姿勢を示しがちなので、一般に首脳陣の受けは最高です。当然だ、お前らに気に入られたくて演技してるんだからな。それを見誤るとチームの和はガタガタになってしまいます。世間ではこの種のタイプを腰巾着と呼ぶのが常ですけどね。

後半のもうどうでもいい時間帯から元木君に変って投入された冨岡君のファーストプレイはもろに犬不忠技でした。長いものに巻かれるのが趣味の日本国内のレフェリーなら「あの強豪が確信を持ってプレイしているのだから反則のはずがない」と錯覚するのですが、犬不忠なんて国際的にはダニだらけの雑種犬にも劣る位置づけですから、ウェールズのレフェリー・ホワイトハウス氏が遠慮するわけないじゃないか。しかも逆切れしてレフェリーに食ってかかるというオマケ付きですよ。恥ずかしいなあ。

アイルランドは、もし日本に敗けたらA代表だったと言い訳できるメンツでの圧勝です。日本では「基本は卒業した」とぬけぬけと言うことが上級者のステイタスですが、アイルランドは基本を忠実に行なうことで磐石の勝利です。190cm・100kgで体脂肪率10%の選手が忠実なプレイに徹しているのに対し、180cm・90kgで体脂肪率15%の選手が軽いプレイで対抗してそれで勝てるものか?(Qィンラン君とT岡君の対比ではありません。念のため) 最低でも相手と同程度のレベルで忠実なプレイをこなし、さらにその上に何をうち建てることができるか、それで初めて勝負になります。

結果として例の145の試合より得点で1点上回っただけが収獲でしょうか。でも145の試合にはラッキートライなんかなかったぞ。

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのRainbowHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

©SERPODA 作成:2005-08-06