今夜も生で小林幹B

味の素スタジアムに9時間

1044号

2010年04月24,25日

テーマ なくならない程度にがんばれ東京ヴェルディ

意見には個人差があります。

たかが4位

栃木戦から続いた審判団から目の仇被害に震え上がった第一戦から18時間を経て再び代々木第2体育館……寒いので列を取ったあとドトールに逃げ込む。列に戻ってこぶ氏とバンザーイして入場→ゲン担ぎで前日と違う座席を取る選択肢も浮かんだものの試合の見やすさには勝てず同じ位置をキープ。そこに目をつけたのがサンロッカーズでおなじみ芸達者な白熊サンディーくん!! 前日のメガホンへのサイン場面をおぼえていたのか通路を歩いてて私を見つけるとカバンを指さしてカバンから何か出せのジェスチャーを見せる。黄メガホンを渡すと中に入れていた手持ち幕を発見したサンディーくん、それを広げようとしたので(人の手袋を投げるんじゃありません)私もぃゃ待てサンディーくん! だったらこっちを使え!ってことで#20佐藤トシ応援用の方を持たせて1枚パチリ♥。するとサンディーくんその幕を持って負傷見学中の佐藤トシに見せに行く、気づくトシ、照れるトシ、喜ぶお客さん、照れる私。

試合の見せ場はここまで、良く見ても前半まででした。

前日と同じ審判団3人の中で前日以上に雰囲気と品が悪くなる日立側ゴール裏をよそにアイシンは着々とファウルを稼ぐ。それでもこの日スターターの#35スミスの3連発と#9西村の3ポイントで日立がリードを挙げて手応えを掴みかけた1Qラスト6秒……アイシンボールのラスト1プレイでシューター#6朝山が投入される見え見えの状況で珍しく3ポイントを2本決めた#28酒井が#44セルビーに倒されて日立の反則になって流れが変わってアイシンの追い上げで前半終了。

ここまでは夢見せてもらいました。

ケガの影響かここまで精彩を欠いていた#3柏木をフリーにしてしまい3ポイントを打たれて始まった後半はキャプテン菅の3ポイントとスミスのフリースローで一旦はリードを広げるものの3Qの得点はこの5点のみ。インサイドのディフェンスをガチガチに固められてゴール下に近づけなくなると疲労からか3ポイントも入らなくなり守っても3Qの中盤に1分間で3ファウルを重ねてからはズルズル行って4Qは広がっていく点差にどう思うこともできずにいるうちに終わってみれば個人観戦記録となる(もちろん低い方の)ピリオド4点と1試合46点の数字を目の前においてのシーズン終了となってしまいました。去年のファイナルで流れてた涙も今回は出ねぇや。

アイシンシーホース 61‐46 日立サンロッカーズ
16(1st)16
16(2nd)21
13(3rd)5
16(4th)4

シーズン後半の8連勝でプレーオフの切符を掴むもののトシの負傷で失速、終盤には5連敗で貯金を2まで減らし東芝とは1ゲーム差の4位。それでも2月前後は爆発力を見せてもらえたし昨シーズンとはまた違った楽しみを与えてくれた日立サンロッカーズでしたがこのシーズン最後の5点・4点は恥の部類に入るスコアだし何より私自身が佐藤トシのサインだけまだ入手できていない。まだまだこのチームには理由ってもんがありますよ。Thank You SunRockers!! &来年もね。

…にしても……五十嵐のトヨタをいじめたからって逆恨みはないだろうJBLさんよ。

されど4位

佐藤トシさえいれば第一戦はどうなってたかわからないわけでアキレス腱を切ったアイシンの戦略は間違ってなかったわけですよ。アイシン2位おめでとう神様は見てる!!

(おまけ)

ついでに栃木優勝おめでとう。

Javaをご利用になると中川真実さんのColorHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのColorHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

SERPODA 作成:2011-01-10