天声幹語

のんびり正月

1027号

2010年01月01,02,09,10,11日

テーマ 3度目の寅年

生まれ歳を入れるとオイルショックを含む4回になるわけですが。

年頭シリーズ

12月に観戦した試合がラグビー3のバスケ2ほど残ってますがまずは新年らしい所からということで年頭所感から。

まず仕事で言うと本来ならば安定した収入と観戦ライフ実現に向けて定職に就くを挙げたいところですがこればっかりは需要あってのもんなので目標には置きながら状況待ちな面も。どこであろうと全力、納得ってとこですかね。

そのほかではスポーツ観戦中心の動きになるのは当然なので逆に2ヶ月から3ヶ月に1回は土日オフの日を作るってのを設けてみました。これも08-09の流れで09-10の流れに入ってったことからの反省ですが日程組み→現地観戦の生活が当たり前になりすぎてありがたみってもんを感じないまま試合の横に座るだけになっていることが増えているようにも感じたためちょっとパターンを変えてみることにしました。と言っても別に大した話ではなく体力キープとメリハリについてもう少し意識を作っておこうという考えですね。

細かいところでは

  • 検定試験2勝
  • 体脂肪10%(天狗湯ベースで)
  • 月に1本はDVD映画
  • B-Mail読者を5人獲得

ってとこで。

ベースは変えずに参ります。それでは本年もよしなにひとつ。


そんなわけで2010年の活動テーマはだからこそに決めました。慣性の法則だけで動いた2009年の中盤以降の満足度の低さがその理由ですが今年はその反省を第一に持ってきて最終的に自分の満足につながらないのでは苦しい予算と加齢で衰え行く体力と時間との天秤が傾いてしまうと考えた結果だからこそ休むだからこそ行くの後押しを自分に加えられる一言に決まったというわけです。

(おまけ)

厄まで6年。

テーマ なんだっけ

年末セールで2週分

今年(あっ09年か)最後のベローチェを経由して秩父宮ラグビー場に上陸したらキクさんにあれ珍しいねぇなんて言われて照れ隠し。危険地帯のメンバーが揃ううちに年末恒例佐渡おじさんや神戸製鋼熱血インチャが登場、Yっ払い・私・教授の横一列配置も相俟ってこの日はホントに危険な地帯になっちゃってました。

第一試合: 12/19(土)

グリーンロケッツ 33‐14 ブルース
7(1st)7
26(2nd)7

1試合目は降格回避マッチ。好感度ランニングラグビーのサニックスがボールを広~く回してFWもよくサポートには入るものの今ひとつ効果的なゲインには至らず逆に不名誉なポジションでの暮らしの続くNECのモール攻めに寄り切られたカッコのゲームになりましたがNECは外人の柔道並みにつまんなかったす。

第二試合: 12/19(土)

スピアーズ 24‐20 ブラックラムズ
21(1st)10
3(2nd)10

2試合目はバカにするほど悪くはないけど(その点ではNECの方がよっぽど……)健闘が勝ち星に結びつかないブラックラムズと10月以降見ない間に連敗突入してましたスピアーズの対戦でリコーのひょっとしたらにも期待を寄せてみましたがこの日はスピアーズが復調傾向で#10ドゥラームが封印と言ってもよいぐらいにキックを使わず(ラムズが#15ラーカムをFBに置いてたからだとは思うが)その代わりのランプレーがなかなか有効。元々ジュール量の高いガテン系FWもドゥラームを追っての横移動を難なくこなす。スピアーズらしくないラインアウトモールからの2トライとスピアーズらしいPKクイックリスタートからFWのサポートで挙げた3つめのトライを見た時にはどうしてスピアーズが連敗しているのか謎は深まるばっかりだったのですが。

…以降ずーっとラーカム。

ライン裏へのパントを拾って七分走りでのステップでDFを抜いて楽々とインゴールに到着して反撃ムードを作ると後半には柔らか~いキャッチングでキックを処理して私なんかもう口半開きでしたからね、ホントに。#8フェレラのラック横雪崩込みで1点差に追ったところで代々木二体の遅刻を決定してからもラムズの攻勢は続きラーカムがドロップゴール狙いらしい動きをチラ見せてオープンに回してDFラインのギャップを誘った瞬間にもわぁお!!だったわけですが最終的にはスピアーズの粘り勝ちでした。ラスト1プレーでラムズの左ライン4 on 1であまりのビッグチャンスにノックオンが発生したのも気持ちはわからんでもないが…。なおカ~ル賞はスピアーズ#7鈴木です。


第三試合: 12/19(土)

サンロッカーズ 93‐63 レラカムイ
25(1st)13
23(2nd)13
24(3rd)19
21(4th)18

そのまま駅まで走り地下鉄でも走り明治神宮前から体育館の間も走る。入場してホーム側のゴール裏に着席してひと息……座りやすくなったのもトヨタ某の五十嵐K(実名はヤバいのでイニシャルで)さんのおかげです……スコアを見ると11‐0、これは野球か? どうやら開始直後からレラカムイがブッ壊れてタイムアウトを1回使ったことによる到着16時13分なのに1Q5分だったようでレラのノーボールタックルがノーホイッスルになったり4分で2ファウルの日立#20佐藤トシに代わって入った#9中西が倒されて足首を痛め#21岩隈・#5上山のダブルガードを強いられたりと1Qからかなりの荒れ模様。そんな中で自らゴール下への仕掛けでレラ#8山田を圧倒した日立#15竹内にアンタそれだよそれ!!と手放しで喜んでいるうちにレラの至宝#9折茂さんの連続3Pで迫られる。

サンディーくんはこの日も身軽にジングルベルをダンシンぐー。

2Qあたまからコートに戻った佐藤トシがリスタートからのリターンで3Pを決めたりパスカットからの一人旅でレイアップを放り込んだりリバウンドをつついて二次攻撃の起点になったりして一人ウハウハしているファンが(たぶん傍目にはアブナい人)いたらしい。そのまま進めばカ~ル賞はトシか#11菅との熾烈な局地戦を続けた折茂さんになるところでしたが3Qまでに点差が離れてしまい両チームとも実質2ndセットでのゲームになったことで温存されてしまったため今回は贈呈せず代わりに4Qまで柱として体を張った#35スミスに贈呈です。このゲームの折茂さんとスミスからは任せたくなる仕事姿ってものを少し学べました。

そのあたりは場内もよくわかってたようでヒーローインタビューの佐藤トシとスミスには大きな拍手! これもKちゃんギャル大量離脱で平均熱の上がった効果ですな。

スポーツバカで良かった~と思った2週間……

第一試合: 12/20(日)

山梨クィーンビーズ 59‐102 トヨタ紡織サンシャインラビッツ
21(1st)25
13(2nd)28
8(3rd)19
17(4th)30

…のラストを飾るべく高速バスで実家に一泊して敷島体育館(甲斐市)初上陸2009年のバスケ納めを行なったところご覧のスコアでラビッツから返り討ち。

…内容には触れるまい。

困り半分の苦笑いで竜王から西荻窪の忘年会へ。

(おまけ)

4位とは1ゲーム差。まだプレーオフあると思います。

Javaをご利用になると中川真実さんのColorHRがご覧いただけます。

このページへのレスポンス

ご意見・ご要望をお待ちしております。mailto:julius@serpoda.com

Javaをご利用になると中川真実さんのColorHRがご覧いただけます。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! made with CSS

SERPODA 作成:2010-04-07